Lenovo Energy Management がバージョンアップしていた

5/7にリリースされていたようです。
バージョンは6.0.3.0。

私は、G570を使っているのですがアダプターにつなぎっぱなしです。
そんな使い方でも、バッテリーが傷まないようにしてくれるのが、Energy Management で、「最高のバッテリー健全性」というモードに設定しておくと、コンセントにつなぎっぱなしでも50%までしか充電しない。
それによって、バッテリーの消耗を防いでくれるというものなのですが。

しかし。アダプターを外してしばらく使って、またアダプターにつなぐと「最高のバッテリー健全性」が「バッテリー作動時間の最適化」(普通にずーっと充電し続ける)に勝手に変わってしまうというバグがありました。

少し試したところ、この致命的なバグがどうやら治ってるっぽいです。嬉しい!

【追記】(リンク直しました)
治ってない!!!
仕様だそうで・・・ バカにすんな(`´)

ここからダウンロードできます。

「Lenovo Energy Management がバージョンアップしていた」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です